キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 同じグレードでも買取金額に差が出る事も : ダイヤモンド買取注目情報

同じグレードでも買取金額に差が出る事も

ダイヤモンド買取注目情報

ダイヤモンドの鑑定書は買取の際には参考程度、同じグレードでも買取金額に差が出ることは多々ある

ダイヤモンド買取注目情報のmainimage

同じグレードでも買取金額に差が出る事も

ダイヤモンドには一般的に鑑定書がついています。

鑑定書には、カット、カラット、クラリティ、カラーで構成される、ダイヤモンドの良し悪しを判断する基準、所謂「4C」の評価が記されています。

鑑定書では客観的な基準でダイヤモンドを評価されているわけですから、全く同じ評価のダイヤモンドは値段も全く一緒と思いがちですが…、これがさにあらず!

全く同じ鑑定結果のダイヤモンドが二つあったとして、それぞれを買取査定してもらうと…、これが異なった値段になるんですね。

ダイヤモンドは天然のものですから、二つとして同じものはこの世にありません。

それ故、鑑定書のグレードは同じ石でもよくよく見れば微妙な差が色々とあり、総合的な判断としては買取価格に差が生まれることもあるのです。

また、そもそも論としてダイヤモンドの鑑定書を作るのも、ダイヤモンドの買取査定をするのも別々の人間ですから、見る人が異なれば多少は石に対する評価も異なってくるものなのです。

金やプラチナの場合は国際的なマーケットがあり相場も形成されているので、買い取りしてもらう時にもそうそう査定額に大きな差が出ることはないのですが、ダイヤモンドの買取となると、なかなか一筋縄ではいかないのです…。

とは言え、ダイヤモンドは宝石の中でも高額なものですから、買取りに出す時にもそれなりの金額で買い取りしてほしいものです。

そのためには…、できるだけ多くのお店に持ち込んで、いろんな人に査定をしてもらった上で、納得できる金額で売るのが一番でしょう。

ダイヤの選び方

Google
www を検索 ダイヤモンド買取注目情報を検索
(C) www.oxford-middleages.com. All Rights Reserved.